CASE STUDY

CASE STUDY
中国で大人気の日本アニメキャラクターとコラボレーションしたコンテンツを開発し、中国国内の売上拡大を実現!

盛勢達国際貿易(上海)有限公司(サンスター上海)

SHARE ON

課題・目的

大型商戦「W11(独身の日)」における販促強化により、中国国内での売上拡大を図りたい。
競争環境の厳しい商品カテゴリの中で、インパクトのある形でブランド価値を訴求し、認知向上ならびに新規ターゲットの獲得につなげたい。

実施したソリューション

商品特徴との相性が良く、日本生まれで中国で圧倒的人気を誇るアニメをコラボレーションキャラクターとして選定。アニメの内容を活かしながら、商品特徴を訴求できるコンテンツを制作。
大型商戦「W11」に向け、ターゲットとなる複数の顧客カテゴリ(健康志向派、アニメファンなど)それぞれに訴求力の高いKOLを起用したSNSキャンペーンを実施し、情報の拡散とECモールへの流入を促進。
ECモールでは、キャラクターコラボの限定ノベルティで販売促進するとともに、オフラインの小売店舗でもアイキャッチ効果が高い店頭販促物を展開した。

結果

W11における売上が、昨年比で約2倍に!天猫旗艦店のフォロワー数も1割以上増加!

SEMINAR・EVENT

中国マーケティングに関する
セミナー・イベントを定期開催しております。
過去の動画も一部公開中です。

セミナー・イベント一覧を見る

DOCUMENT

中国マーケティングに関する様々なお役立ち
資料をご用意しています。
ぜひダウンロードしてご活用ください。

お役立ち資料を見る